最新の不動産について

不動産の定義とどのようなものが含まれるか

banner 不動産というものは、民法86条で規定されている、土地およびその定着物をいうとされています。
ただし、不動産登記法により建物それ自体は土地とは別個の不動産とされます。
このほかにも、立木や鉄道財産も含まれます。
土地と建物は別個のものであるということはすなわち、土地を売買契約によって譲り受けても、買い主は土地の上にある建物の所有権を当然には取得できません。
土地に抵当権を設定しても抵当権者は建物に対する抵当権を当然には取得できないなど法律により様々な規定が定められています。
このため、不動産の売買や交換、管理などは宅地建物取引主任者、鑑定士、司法書士、土地家屋調査士、マンション管理士をはじめとする専門家が行う場合が多いです。

左官職人様募集中

貸倉庫がイベントスペースに大変身♪

不労所得に最適

大阪で職人のリフォームを行います

千葉市で女性にも人気の不動産店

不動産の関連情報はこちら

本年4月から消費増税が施行されてから、全国のマンションの販売戸数は駆け込み需要の影響で、前年同月比を

東京都心の不動産価格

全国各地には、とても数多くの不動産屋さんがあります。
これらの不動産屋さんはどのような時に利用

家を借りるなら不動産屋さん

不動産屋さんでは、具体的にどのような仕事を行っているのかと言いますと、賃貸マンション、賃貸アパートを

不動産屋さんの利用について